板橋区、北区、練馬区、足立区、豊島区、文京区、荒川区、戸田市、川口市、蕨市、和光市、朝霞市、さいたま市の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)板橋前野町ステーション

板橋前野町ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】土日・祝日・夏季・年末年始【電話番号】0800-8888-916 お問い合わせ

便秘体操&マッサージ

2020年11月20日

コロナウイルス第三波🦠の襲来が無いことを祈っておりましたが、いよいよ怪しくなって参りましたね。
今日もコロナウイルスが猛威を奮っております。なるべくウイルス自体との接触を控える事ももちろん大切ですが、ウイルスが入ってきても退治できる身体を作っておく事が大切ですね。特に東京に住んでいると逃げ場なんて無いような気がしてきますから不安を解消する為にもせめて身体の調子くらいは万全に整えておきたいものです。

今日は前回の記事の続きでお便秘解消の為に自分でできる体操を書いていきます。

皆さんご存知のとおり、便が排出されず身体の中に長居してしまう事はとても良くないことです。なぜなら身体にとってはすでに必要の無くなった捨てたいゴミや毒物だからです。ですが大腸の中に居座ってしまうとそんな不要物も大腸の粘膜からそれが吸収され続けてしまいます。
それに加えて「大腸」と人間の精神面や免疫機構と密接に通じています。腸を「第二の脳」なんて呼ぶくらい。それに免疫システムの要だったりもします。
そんな所が汚れていると良くなさそうって言うのはわかってもらえましたか。

是非打倒コロナの為にも腸美人を目指してください❣️



では早速マッサージをいくつか紹介します。
まずは、お腹グルグルマッサージ
これは小さい頃から既に実践している方も多いかもしれません。大腸の形に沿って手を使って撫でて刺激していくマッサージです。
右脚の付け根、右鼠蹊部で大腸がはじまります。ですので撫であげるスタートは右の鼠蹊部から。優しく円を描くように撫でていってください。撫でる圧はほんの少しで大丈夫!皮膚の反射を利用して効果を出したいのですごく弱い圧でok! 皮膚を手で押してみた時に、白く色が変わらない圧が理想の撫で圧です。お腹を撫で始める前にご自分の手を使って、ご自身の皮膚はどれくらいの圧をかけると色が変わってしまうのかをチェックしてから行ってみてくださいね!寒くなければ衣類の上からでなくお腹の皮膚と手の平を触れてできるのが一番です。

これができたら次は腰のマッサージ。
まずは腰に手の平を置いて密着させます。そうしたら手の平を左右交互に上下させ腰を撫でていきます。このマッサージには腰を温めて血行を良くする効果と大腸のツボを刺激する効果があります。
前回の記事でも書きましたがお腹や腰が冷えているとなかなか排便の反射や機敏な大腸の動きが起きず排便につながりにくいものです。ですのでまずは冷え、それに伴う血行の悪さをこのマッサージで改善していきましょう。
おトイレのついでに行うのもいいのですが、お外から帰ってきた時や座りっぱなしの時間が長く続いてしまった時、キッチンで立ちっぱなしのお料理中など、毎日のルーチンを決めてコツコツ取り組んでいただきたいマッサージです。


次に体操を紹介します。とっても簡単!
階段を一段飛ばしで歩いてください!
私も便秘について調べていた時に見つけてびっくりしたのですがこんな方法もあるんです🌼
実は腸の下、骨盤側には腸腰筋という筋肉がありこれが大腸、小腸、骨盤内臓をささえてくれています。この筋肉太腿を上げる時に縮んで、鼠蹊部を伸ばす動きをすると伸びてくれます。この筋肉が伸縮する事で大腸にも刺激が伝わり良い影響が期待できます。
デスクワーク、座りっぱなしのお仕事の皆さん腸腰筋が悲鳴を上げていますよ!長時間座り姿勢が続くとこの筋肉は縮みっぱなしになりますので、コッてきます。筋肉がコると血流も悪くなりますし柔軟な筋肉らしい柔らかさも無くなってきます。そうなると柔軟に伸縮せず密着している大腸や小腸にも影響が出てしまいます。
解消のする方法は腸腰筋を使ってあげる事です。階段を足を上げて一段飛ばして登ることで腸腰筋を大きく使う事ができますから、無理のない程度に取り組んでみてくださいね。一段飛ばすのが不安な方は大きく足を上げて階段を歩くことにトライしてみてください。足の付け根と膝の高さが同じか、膝が足の付け根よりも高く上がらないと効果が出づらいので頑張ってみてください。


田中